仕上げについて

停滞していましたブログが今週から再開します!

各スタッフがリレー形式で週一更新致しますので宜しくお願い致します!

 

外壁の仕上に『コンクリート打放し仕上』という仕上げがあります。

一時期は某建築家によりすごく人気がありました。

今でもミニマルデザインが好きな人には人気があると思います。

私が設計監理している住宅の施主も外壁にコンクリート打放しを要望されました。

その住宅の外壁が3個のBOXを組み合わせた形態をしているので3種類のコンクリート打放しを提案させてもらいました。

 

一つはパネコートと呼ばれる特殊型枠を使用した一般的なコンクリート打放し仕上

f:id:lakandesign:20181019151443j:plain

 

 2つ目は杉板を利用したコンクリート打放し杉板型枠仕上

f:id:lakandesign:20181019151409j:plain

 

3つ目は三角リブ型枠を使用したコンクリート打放し三角リブ仕上

f:id:lakandesign:20181019151418j:plain

 

他にも工夫次第で色々な仕上ができると思いますので検討が必要ですね。

どの仕上もシンプルに見えるのですが施工するのはすごく大変です。

特に三角リブは現場泣かせの仕上です。

携わって頂いた職人の皆様ありがとうございました。

 

TAKA

完成しました。

何度かブログに登場していました、世田谷区の共同住宅が完成しました。

 

 

f:id:lakandesign:20180208150929j:plain

エントランス

 

f:id:lakandesign:20180208151215j:plain

中庭

 

f:id:lakandesign:20180208151627j:plain

f:id:lakandesign:20180208151341j:plain

周辺へ開放する広場

 

 

 

設計開始から2年弱の歳月を経て、竣工となりました。

プロジェクトに係って頂いた、全て方々の想いが形となって無事、お引き渡しできた事を大変嬉しく思います。

 

末永く、地域に根付いた建物となる事を祈っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

現場進捗2

世田谷区の共同住宅の現場は足場解体に向けて工事が進んでいます。

先行工区は今週末から足場解体が始まります。

 

住戸のバルコニー側は手摺も設置されました。

f:id:lakandesign:20171010092406j:plain

 

 

先行工区は住戸内のクロス貼まで完了しています。

f:id:lakandesign:20171010092613j:plain

 

 

現場進捗

世田谷区にて共同住宅の現場監理が進行中です。

69世帯の住戸が中庭を取り囲むように配置されています。

写真中央の工事車両が停まっている辺りにはガラス張りのエントランスホールが設置されます。

 

f:id:lakandesign:20170929125415j:plain

 

外装工事はタイル貼りを行っています。

焼き物特有のムラと質感のあるタイルを選定しました。

f:id:lakandesign:20170929125539j:plain

 

 

f:id:lakandesign:20170929125725j:plain

住戸内はLGSと置き床の施工まで完了しました。

これから天井と壁面のボード貼りが始ります。

 

工事は順調に進んでおり、完成は来年の2月初旬の予定です。