「外交官の家」を見学しました

 

「外交官の家」はニューヨーク総領事やトルコ特命全権大使などを務めた明治政府の外交官内田定槌氏の邸宅として明治(1910)年に渋谷区南平台建てられました。

 

平成9年に渋谷区南平台から横浜市山手に移築復元し、移築と同時に国の重要文化財に指定されました。

 

設計者のアメリカ人ガーディナーは、立教学校の教師として来日し、その後建築家として活躍した興味深い経歴の持ち主です。

 

海外暮らしが長かった内田氏の意図が反映された、アメリカン・ヴィクトリアン様式の華やかな装飾の外観が目を引きます。

 

f:id:lakandesign:20181221190459j:plain



内田邸が建てられた明治(1910)年は幕末の開国以来続いた西洋建築の学習が一段落し、日本独自の建築様式が高まった時期で、内田邸も洋館の中に和を感じることができました。

 

f:id:lakandesign:20181221190555j:plain

 

 

1階は食堂や小客間、大客間などパブリックスペースがメインとなっており、来客の多い外交官ならではのつくりになっています。

引き戸で仕切られた二つの客間は、大勢の来客時にも対応できるよう工夫されており、洋館でありながらも日本的な発想を感じることができます。

 

f:id:lakandesign:20181221190640j:plain

 

 

建築見学を通して、当時の知識階級の住宅や外交官の暮らしを知ることができ勉強になりました。

山手地区には、外交官の家を含め8つの西洋館があるので、西洋館めぐりがおすすめです。

 

yanagita